国際結婚カップルが増加、日本で外国人と婚姻手続きするには

img_01

国際結婚カップルは増加の一途をたどっています。グローバル化に伴って、海外で暮らす日本人も多くなり、日本で働きながら暮らす外国人も増えています。

出会いの場が世界に広がるわけですから、国際結婚される方が増えるのは当然です。

外国人と結婚することになったとき、まずどこで手続きをするかによって手続きも異なります。

私は英国籍の主人と日本で婚姻手続きをした国際結婚経験者です。日本人同士の婚姻であれば、婚姻届を記入して提出することで婚姻が成立します。

戸籍謄本の取得が必要な場合があるくらいで、特に婚姻手続きで迷うことはないです。日本で外国人と婚姻手続きをする場合は、まず婚姻用件具備証明書というものを取得する必要があります。
配偶者になろうとしている外国人が、日本の法律にのっとって婚姻できる条件をクリアしているかどうかを確認するもので各国の大使館領事部で証明書の申請をします。

国際結婚をご紹介いたします。

主人の場合はすでに日本で就労許可を得ており、外国人登録証も持っていました。
主人の出生証明書とパスポート、外国人登録証を大使館に提出して婚姻用件具備証明書を取得しました。

この証明書の発行は各国によって提出書類など異なるので、確認が必要です。発行ができない場合は、自国から独身であることの証明書などを取り寄せて、手続きをする場合もあります。

婚姻用件具備証明書が取得できたら、日本の婚姻届に記入をします。ローマ字での記入ではなく、すべて日本語で記入するのですが、日本語を書くことができない外国人の場合は配偶者になろうとしている日本人が代筆します。


印鑑を持っていない場合は本人の署名をします。
婚姻届をすべて自分で書くのも国際結婚ならではの手続きです。


また、婚姻手続きの際は日本人は必ず戸籍謄本が必要になります。


住居地もしくは本籍地で婚姻手続きをしますが、その際に婚姻用件具備証明書の訳文が必要です。

これは自分で訳しても構いません。

在日本英国大使館では、この証明書の訳を添付して発行してくれていたので助かりました。


こういった配慮は嬉しいです。

役場の窓口で婚姻届を提出して手続きは完了です。

これは日本での手続きになるので、其の後配偶者の国の婚姻手続きをすることになります。


国際結婚の手続きは、日本人同士に比べてとても複雑です。

どんな書類が必要なのか、下調べを早めに始める必要があります。

また、国際結婚の手続きに慣れていない役場では何度も足を運ぶことになる可能性があることも頭に入れておきましょう。